今までのあらすじ

あらゆるものにメスを入れていくスタイル

白ロムのスマホとMVNOで痛い目にあった話

追記:赤ロムになっていたという事でした。

 

m-sugano.hatenablog.com

 

 

つい二週間ほど前、白ロムでxperia z3 compactを買いました。

 
ドコモ端末だったので、ドコモ回線を借りてるiijmioSIMカードで問題なくネットワークに繋がりました。
 
手にしっくりくる大きさのスマホで、性能も申し分無く、大変満足していました。
 
ですが、そんな幸せな日々は長くは続かなかったのです。
 
ある日、ポケットから出したスマホが圏外になっているのを発見。
電波弱いのかな?と思いながらそのままにしましたが、一向に復活する気配がありません。
 
スマホの動きがたまにおかしくなるのは今までも経験していたので、焦らず再起動を行いました。が、それでも回復せず、simカードの抜き差しを行っても回復せず、APNの再設定や、ありとあらゆることをしましたが回復しません。
 
wifiには繋がるので、これはモバイル通信系の機械的な故障なのでは?と思い、白ロムを購入した店に返品交換をお願いしました。
 
すると、初期不良による返品交換は1週間以内であること、修理などは請け負っていないこと、付属品や箱を全て捨ててしまっているので、単純な返品も出来ないこと、など、まぁ悪い方へ悪い方へ話が進みました。
 
そこで、端末の故障の可能性には目をつぶり、SIMカードに問題があるという事にしてiijmioSIMカードの再発行を頼みました。
すると、カードの再発行はいかなる理由があっても手数料がかかる事を告げられました。
SIMカード自体、買ってから1週間しかたっていません。
 
僕はこのまま泣き寝入りなど出来ないと思い、なけなしのお金を、SIMカードが原因だ!という可能性にかけて払いました。
 
カードはすぐに届けられ、いよいよ交換の時です。
 
これで繋がらなかったら、本当に無駄な金の消費です。
 
覚悟を決めSIMカードを交換、端末を再起動すると、、、、、、
 
繋がらねぇ!!!!
 
ムカついたのでxperiaに海外のファームウェアを焼きました。
 
僕はAndroid5のウォークマンを買ったのだ!そうなんだ!
 
自己暗示をかけつつ枕を涙にぬらして眠ったのです。
 
白ロム+MVNOのご利用は自己責任でどうぞ。
 
 
これだけだとタダのネガキャンなので、Nexus5+iijmioの方はなんの問題もなく1年以上使えていることも書いておきます。
 
キャリアの月額費用と比べると、くそ安い維持費だったのですが、今回の事で完全に赤字です。本当にありがとうございました。