今までのあらすじ

あらゆるものにメスを入れていくスタイル

ドコモ版Xperia Z3 Compactに海外ROMを焼いて、良かった事と悪かった事

少し前に買った、ドコモのXperia Z3 Compactに海外ROMを焼いて、格安SIMを使っています。

 

最初は満足していましたが、次第に不満が溜まってきましたので、国内の白ロム端末に海外ROMを焼いた時のメリットデメリットを書いておきます。

 

★良かった事

・格安SIMを使っても、テザリングが出来るようになった。

・格安SIMを使っても、GPSが使えるようになった。

・やたら目についたキャリアアプリを一掃できた。

 

★悪かった事

おサイフケータイ機能が使えなくなった。

・端末に最適化されていないROMなので、動作が不安定で心配(以下具体例)

 ├普通では考えられないアプリが暴走して電池が一気に無くなってる時がある

 ├設定画面を触っていたら、突然のブラックアウトの後、再起動しても操作不能に

 └画面がスリープしない時がある

 

やはり正規の使い方ではないので、動作面で不安定になってしまったのが最大の悪い所です。

設定画面からのブラックアウトの時は、ROMを焼き直したのですが、その際にアプリ内のゲームデータ等も初期化してしまったため、今まで課金していたゲーム等も元に戻ってしまいました(Googleアカウントとかでゲームデータを紐付けて保存している系は無事でした)

 

やっぱり普段使いするスマホは信頼が一番です。

キャリアとスマホ契約する気はこの先もありませんが、格安SIMを使う限り、SIMフリー端末を使うのが一番良いと思います。

 

上手くまとまらなかったけど、以上。